2009/1/4

脳溢血と紅麹

Filed under: wac-wacもの — 有岡眞 @ 14:37:03

前回、高血圧と紅麹(べにこうじ)で、紅麹が高血圧に効くと書きました。今でも、その効果は続いています。
わたしは平成16年に体の調子が良かったのに2度目の脳溢血を起こしました。このときのことは、今でも不思議でしょうがありません。最初のときのように、睡眠不足による過労があったり、ストレスによるタバコの吸い過ぎといった、明確に思い当たる因果関係は何もないのです。ただ吐き気がして川越の帯津先生の病院に行って診てもらいました。何も発見できません。ふに落ちないので1週間後くらいに新宿にある大久保病院に行ってCTをとってもらってわかったのです。大久保病院には降圧剤を処方してもらって思い出したようにときどき飲んでました。
CT検査室のある4階に,突然車いすが運ばれてきてびっくりしました。何もないのにと思っていたのです。
さいわい、このときの脳溢血は左脳の脳室(脳に空いた穴)に向かって進んでいたので、神経障害は出ないと言われたんですが、それから2年後、歩行がきわめて遅くなりました。杖なしでは歩くこともできません。ほんとうに障害者です。そのとき入院して血圧調整の二番目の薬を探しました。けれど、見つかりません。降圧剤を飲んでいても高かったのです。手に負えない高血圧でした。
それが、紅麹で助かりました。
成分的には紅麹に含まれるギャバだろうと紅麹本舗の舞田さんは言うのですが、こんなにも効くなんて・・・!。
わた止が飲んだ紅麹はお礼にいただいたものです。かれこれ10年になるでしょうか? 舞田さんの紅麹は、日本CI協会やムソーに紹介してあげたお礼にいただいたものです。当時は、まだ知ってる人も少なくて説得するのに大変で、扱ってもらいませんでした。帯津先生もあってはもらえましたが、「わたしはガン専門だから」とモニター用サンプルを置いてくるだけでした。おとうさんも善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールを下げるとか、アメリカでニュースキンが取り扱っているとか、薬のように効くので全米医薬品局と全米食品協会が取り扱いに苦慮しているとか教えられましたが、もとはと言えば、紹興酒に使う麹です。医食同源の国ならではなんなのです。
脳血流障害で苦しんでいる皆さん、紅麹を試してみてください。

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

コメントをどうぞ

© 2004-2006 SDS. All rights reserved. Powered by WordPress ME

WordPress database error: [Table 'LA04090281-m1.sdsa_ss_stats' doesn't exist]
INSERT INTO sdsa_ss_stats (remote_ip,country,language,domain,referer,resource,user_agent,platform,browser,version,dt) VALUES ('3.227.240.143','','en-US','','','/?p=190','CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)','Indeterminable','Crawler/Search Engine','Indeterminable',1579599102)