2006/6/1

『食品の裏側』の裏側

Filed under: 食卓の歓び, 日記 — 有岡眞 @ 1:38:48

朝出勤15分前に起きて出社する身の息子世代なら、コンビニ食は便利に違いない。いくら著者が頑張って「あなたが食べてるコンビニ食、添加物の固まりです。せめて表示見ましょう」って言っても、こんな暮らししてたら、早い、安い、便利を駆逐できるわけはない。昼だって、「ほか弁かコンビニか立ち食いそば」中心らしい。
添加物たっぷりでも「んなこたあ、わかってらあ」なのだ。

「消費者が選ばなきゃあいい」だと。
「そもそも、消費者に選択肢があるんですか」って聞きたいね。
「自然食品店があるじゃない。そういうとこで買いなさい」
「探してもないけど。全国津々浦々コンビニくらいあったら買うけど」
「あるのは知ってても探したこともない。それに、高くてそんなとこで買い物できないでしょ」
「んなこと言うなら、もっと給料あげてください。それより、欧米や広州みたいにランチタイムくらい時間ゆったりくださいね」
「この国では早飯、早××は芸のうちです。人間は立ってだって食べれますよ」
「やっぱり、100円のおにぎりください。立って食べます」

ま、これからは「これちゃんと腐ります?」って聞くことにしよう。
死んでから「こちらの方、腐敗されませんね」なんて言われるのはごめんだ。
揚げ物の弁当はやめよう。
回転寿しの「いくら」はやめよう。
コーヒーのミルクは使うのやめよう。

この「食品添加物物の現状」サイトはなかなかいい、
http://www2.plala.or.jp/foodsafe/tenkabutu.htm
「なるべく」ってのはわたしが加えたけど、そういう気分の文だ。
言ってるのは阿部さんと同じで、矛盾してるようだけど。なんかよさそうだ。

1.添加物使用の食品を「できるだけ」買わないこと → 売れないものは無くなる
2.添加物を「なるべく」使用していない食品を買うこと → 売れるものは作り手が増える
3.安さにだまされない → 安いことには必ず恐い理由がある
4.できるだけ国内産のものを買う → 国内産ならば製造過程が見えやすい
5.現状をできるだけ多くの人に広めること → 1~4をする人が増える
これなら、せめて日に11gを半分くらいにはできそうだ。

息子にはかわいい孫を生んでほしい。唯一といっていい希望だからね。

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

コメントをどうぞ

© 2004-2006 SDS. All rights reserved. Powered by WordPress ME

WordPress database error: [Table 'LA04090281-m1.sdsa_ss_stats' doesn't exist]
INSERT INTO sdsa_ss_stats (remote_ip,country,language,domain,referer,resource,user_agent,platform,browser,version,dt) VALUES ('3.227.240.143','','en-US','','','/?p=110','CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)','Indeterminable','Crawler/Search Engine','Indeterminable',1579599001)